吾妻山詣で

毎年の恒例となりつつある吾妻山に行ってきた。

吾妻山は二宮駅の北にある標高136.2mの山で、山頂から山の南側一体が公園となっている。

山頂に至る道は幾つかあるようだが、二宮町役場から登るのが正面ルートと言えるだろう。

この時期は「湘南にのみや菜の花ウォッチング」というイベント期間中のため、麓の臨時駐車場からの長い登山となる。

生涯学習センター横の臨時駐車場から二宮駅前を経て町役場に。

「吾妻山公園」と書かれたアーチをくぐって登山開始。

結構な急勾配で息が切れる。

ふと傍らを見ると水仙が。

イギリスに住んでいた頃、庭に密生していた水仙を思い出す。

登山道の中腹には双眼鏡が固定されていて、望遠鏡越しの景色を自由に楽しむことができる。

目を当てて覗くと大磯港の防波堤が見える。

快晴の日差しの中、汗をかきながらようやく山頂に。

大きく視界が開けるこの瞬間が吾妻山登山の醍醐味である。

少し盛りを過ぎてしまったかと心配していた菜の花ではあったが、見事な満開だった。

いやー素晴らしい。

そよ風の吹く山頂で暫し相模湾、箱根、富士山の絶景を楽しむ。

老若男女、犬までもが山頂を楽しんでいる。

中には本格的な撮影機材を担いできた人も。

帰り道は今まで通ったことの無い吾妻山神社経由の道を選んだ。

かなり立派な神社である。

東海道線の線路に出た。

思っていたよりも随分と国府津よりに降りてきてしまった。

駅に向かって線路沿いを歩いていく。

白梅が咲いている。

紅梅と夏みかんの組み合わせが綺麗だ。

昨晩降った雪が解けたら、春はもうそこにあったのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。