大磯 鰯物語

連休といえば釣りである。
去年までは夏休みの行事として同僚のI氏と釣行していたのだが、今年からはゴールデンウィークにも行くことにした。
で、今回は大磯で投げ釣り、獲物はズバリ「シロギス」である。
7時に大磯港に到着。
20080501001.jpg
港の公営駐車場に車を置き、住宅街を通って砂浜に。
途中には知る人ぞ知るすずき釣具店があり、ジャリメと東京スナメを購入した。
約10分で砂浜に到着、30mおきぐらいに釣り人がいてなかなか二人で入り込むスペースが見つからない。
300mほど歩いたところで両側の釣り人に頭を下げて入れて貰った。
左側のオヤジは意地悪な返事、右側の青年は笑顔で入れてくれた。
20080501002.jpg
いつもの同僚I氏である。
20080501003.jpg
まずは弓角をひくが、まったく反応無し。
で、早速シロギス仕掛けに変更、本命のアタリを待つのであった。
暫くアタリの無いままでたたずんでいたが、ふと右側の青年を見ると弓角仕掛けに取り替えて遠投を繰り返している。
と、海面を見るとナブラが発生している。
それもすぐ近いところで。
シロギス仕掛けを外して、ジェット天秤の先にアジのサビキ仕掛けを付けて投げてみる。
途端にアタリ、アタリ・・・[グッド(上向き矢印)][ひらめき]
鰯だー、それも大量にいるー。
一度に3~5匹ずつ掛かってくるのだが、アゴが弱いのか掛かりが浅いのか波打ち際でどんどんバレてしまう。
でも、なんとかlこれだけ釣ることができた。
20080501004.jpg
と、ここまできたところで仕掛けがオマツリ[がく~(落胆した顔)][バッド(下向き矢印)]
これはちゃんとした仕掛けじゃなきゃダメだなぁっと思い、釣った鰯も氷不足で痛みそうなのですずき釣具店に戻って仕掛けと氷を買ってくることにした。
往復20分ほど・・・戻ってくると鰯の群れは去った後だった[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]
その後は全くナブラも発生せず。
シロギス釣りに戻り、昼過ぎまで粘るもアタリ無し。
釣れるのはホンダワラとフグ・・・
結局昼過ぎに砂浜での投げ釣りは見限って、港に戻って港内でサビキ釣りをする事にした。
しかしさすがは連休、大磯港内は凄い人出である。
しかも釣れてなーい。
という事で本日の釣りは終了。
昼過ぎの帰還となった。
5月の海を甘くみた、手が日焼けで痛いよー。
20080501005.jpg
でも、美味しかったぁ[キスマーク][ぴかぴか(新しい)]
20080501007.jpg
20080501006.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。