第一印象をば・・・

LEKTOR-1が来てから一週間が経った。
P1130231.JPG
この一週間はSPセレクターを「B」にしてLEKTOR-1のエージングを心掛けてきた。
初めのうちはいかにも新品開封直後というような音を出していたLEKTOR-1だったが、日々音は変化してそろそろインプレッションを述べるに値する状態になってきたのでまずは第一印象をば・・・
① 能率は低めである。HS-1400マイナス3dBといったところか。
② 低い音は体格相応の鳴り具合である。50Hzぐらいから下はHS-1400との差が歴然・・・と最初は思っていたんだけど、日に日に鳴るようになってきた。ウーハーのエッジが馴染んできたのだろうか。
③ ドームツィーターのお陰か部屋のどの位置にいても聴こえかたに変化が少ない。HS-1400も後から追加したスーパーツィーターもホーン式なのでベストポジションが狭いのだが、LEKTOR-1はスイートスポットが広い。
④ 得意な音楽ジャンルはスバリ!クラシックである。特に管弦楽が得意。余韻の豊かな聡明な音である。
一週間でこれだけ変化したので、これから先が楽しみである[ぴかぴか(新しい)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。