ひとまず完成!


設計図に忠実に機器をセッティングし終わった。
びっくりするほど事前の予想通りの外観である。
いや、設計図にはなかったクリーン電源のRG-100が想像していたよりもかなり大きいのでびっくりした。

ほら!
設計図との対比。


夢にまで見たマイオーディオルームの完成であ〜る!!!

さっそくの音出しと乾杯の儀式。
記念すべき一枚目のCDはBill Evansの「Waltz for Debby」で。

すごい迫力と臨場感でビレッジバンガードが再現される!
事前からある程度は分っていたことだが、大変ライブな音響空間である。
ライブな部屋を徐々にデッドにしていくことは可能だが、その逆はできないのであるから、これでいいのだ。

しびれるな〜
最高や〜
しあわせ〜

となる筈だったが・・・続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。