G1X凄いです

この夏休みはMcIntosh以外にも楽しみにしていた事がある。

Canon G1Xである。
カメラといえばバンコク赴任直後にRicoh GR-Digital lllを手に入れたんだけど、画質は良いんだけど28mm固定というのが色々と雑念の多い僕には不向き。
特にちょっと出掛けたりする時にはスーム無しは辛い。
という事でPanasonicのFX01ばっかり使う事になってしまう。
そもそもFX01は僕が不在の日本の万能記録カメラという位置づけだったので、すっとバンコクに置いていくわけにもいかず、日本とタイの間を行ったり来たり。

というのを良い口実にCanon G1Xを自分用の万能カメラとして採用するに至ったのだった。

で、G1Xであるが、受光素子が大きい。
一眼レフのAPS-Cサイズにはかなわないが、コンパクトデジタルカメラとしては異例の1.5″もあるCMOSなのだよ。

で、激写の日々であ〜る。

今日は泊まりにきていた母親を実家に送りがてら母親の好きな蕎麦屋に。
この蕎麦屋、古民家風のなかなか良いたたずまい。
で、パチリパチリと。

大きな受光素子の恩恵で暗さにも強い、というか肉眼よりも感度が高いのだ。

ボケ味もいいんだなあ〜。

こりゃまた、久々に写真が面白くなりそうな予感・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。