きたぁー!

満を持してSPケーブルを交換。
WireWorldのEclipse6である。

見た目は黒い蛇の抜け殻みたいでちょっとグロい。
それに重~いのである。

ケーブル長さは1.5m。
余裕のある長さの筈だったのだが、このケーブルご覧のとおり平べったくて剛性が高い。
勿論ねじれないし、SP側の端子はバナナプラグのバイワイヤで曲がらない。
結果的にピンピンに突っ張った状態でなんとか結線完了。

音を出してみる。

きたぁー!!!!!!
期待以上の低音の量感と臨場感。

ベースの胴と弦がずぅぅん、どぉぉん。
バスドラムはどすどぉす。
まさにJAZZの醍醐味を肌で感じる。
そしてシンフォニーは荘厳に。
ホールの広がり、響きとともに森閑とした静謐さも兼ね備える。

音楽が生きているっていう感じ。

久々に聴いた澤野工房の「You Stepped Out of a Dream」の音の良さったら。

うれしいのぉ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。